毒親ばなれで今日がいちばん♪

機能不全家庭育ちとしあわせは関係なし・ねこむすめの毒親ばなれ日記

Happiest today

いいわけはつぶされるためにある

座敷わらしのみっちゃまです。
ご訪問ありがとうございます^^

 

 


先日、突如ヒーリングユニットの一員へ。

 

 

いつの間にか受けるひとから

送るひととなり思わぬ流れに

びっくりしているわたしでございます。

 

 

 

この現状打破ヒーリングのお受け取りは

本日いっぱい、おひとりさま一回。

 

 

 

お受け取りいただいたみなさまの、動くことへの

後押しとしていただけますと幸いです♪

 

 

 

今回の現状打破ヒーリング。

 

このヒーリングユニットの総司令官さま。

ひでもんがブログでご紹介してくださってますので、ぜひどうぞです^^

 

kamixkakushi.hatenablog.com

 

 

 

それぞれが現状打破に必要な

エネルギーを送るという優れもの。

 

 

わたしがお送りしたのは、目の前の

障害を倒すエネルギー。

 

 

変わるために動こうとしても

「障害」となるものがあっては

くじけちゃったりしますものね、、

 

 

最初は受けるひとだったわたし。

 

 

突然のご指名?を受け

 

 

ふむふむ、と。

 

 

たしかに今までを振り返ってみれば、

「障害」と思われることが山ほどの中で

じぶん自身を変えてきた。

 

 

しんどい、、でも、なんとかなる、、、

いや、なんとかする。

 

 

そんな覚悟で乗り越えてきたのは間違いない

 

 

んーー、そうですね、たしかに「障害」を

倒す力ありますな。うんうん♪

 

 

ンッッ? 

バカヂカラッテソコナノカ......w

 

 

そして、いろいろダダ漏れのワタシだww

 

 

やりますっっ(`・ω・´)

と……

 

 

でも、事務的なことなど

何もわからない、、

 

 

いいのか……じぶん…

と、しばし困惑、、

 

 

そんなわたしに

 

 

なかまたちからの"いるだけでいい"

との、ありがたきおことばに涙、、

 

 

 

で、思ったのが「障害」ってナニ?

 

 

じぶんには「障害」と感じるものでも

ほかのひとからみたら違ったりもするわけで、、、

 

 

だとしたら、「障害」をつくりあげるのは

じぶんなのかもと、、

 

 

そして、ときとして、

今まで「障害」と思ってたことは

出来ないことへの「いいわけ」だったり……

 

 

やりたい。

 

 

でも、お金がない
でも、時間がない
でも、親が
でも、◯◯が、、、

でも、、でも、、

 

 

言い出したらキリがない。

 

 

変わりたくない、動きたくない「いいわけ」

 

 

とことんまで、変わりたくない

「いいわけ」をしてきたわたし。

 

 

だから、今のわたしは「いいわけ」を

することが必ずしも悪いとは思わない。

 

 

以前は「いいわけ」を言うのも

聞くのも大キライだった、、、

 

 

なぜなら「いいわけ」してまでも

変わりたくない理由があったりもするから。

 

 

だから、とことんまで

じぶんへの「いいわけ」を

聞き続けてみるのもいいかもと。

 

 

 

 「いいわけ」はつぶされるためにある。

とは、とあるお方からのおことばww

 

 

 

じぶん自身がじぶんへの「いいわけ」に

聞き飽きたとき、やるしかない!に

変わったわたし。

 

 

 

じぶんだけでは難しいのなら

誰かの力を借りればいい。

 

 

 

変わるのはじぶん自身という覚悟さえあれば

いつしか「障害」 ではなくなるときがくるから。

 

 

 

 

 

神さまは乗り越えられない試練は与えない。

と、ときどき目にするけれど、、

 

 

 

その、試練を与える神さまは、もしかしたら

じぶん自身の中にいるのかも。

 

 

そんなふうに思ったりして、、、笑

 

 

「いいわけ」をして、とことんまで逃げても

じぶん自身の神さまは、

きっと、やさしく見守ってくれているはず。

 

 

 

だから、誰しもが、どんなに小さなことでも。

 

変わるために、じぶんの歩幅で

動いていけますように  ^^

 

 

 

 

最後に.........

 

現状打破ヒーリングへ

ご参加くださったみなさま

 

ありがとうございました!!

 

 

 

 

 

下記のステップメールにご登録くださっているのに

携帯アドレスのためお送りできていない方が何名か

いらっしゃるようです。

 

携帯アドレス以外でご登録し直していただくか、

gmail.comからのメールを受信可能へ設定変更後、

再登録をお願いいたします

 

お手数をお掛けしますが

どうぞよろしくお願いします m(_ _)m

 

 

 

さちみたまや萌えコン塾へ飛び込むまでや、
飛び込んでからの"今"のわたしへの軌跡をお読みいただける
ステップメール(全13回)
 "覚悟をきめたとき"の購読申し込みはこちら 
 
 
 
さらにドキドキしながらメルマガはじめます(不定期配信~
 
みっちゃまの今日がいちばん♪の購読申し込みはこちら
 
 
ブログではかけなかったような修羅場中の修羅場w
″萌え活″ライブ遠征ネタ話...etc...
など、お笑い成分満載でお送りする予定でござます♪
 
 
ご登録いただけるとうれしいです^^

 

 

本日も、お読みいただき誠にありがとうございました m(_ _)m

遠くの親戚 近くの他人 いちばんめんどうは 近くの親戚

 

座敷わらしのみっちゃまです。

ご訪問ありがとうございます^^

 

 

 

昨年の母親の入院、そして特養への入所。

 

 

それにともない、ご近所とのつき合い方を

日々考えさせられていたりする

近ごろのわたしです。

 

 

 

我が家のすぐ近くに住む、おじ夫婦。

 

 

親戚とは名ばかりで、何もなければ

数年に一度会話をするかどうか。

 

 

それでもご近所では親戚とみなされる不思議。

 

 

そんな、おじ夫婦に対して、母親のことは

一切わたしの口からは伝えていない。

 

 

 

入院する前に、ご近所から母親の調子が

悪いようだと耳にしたらしい、おば。

 

 

わたしが仕事から帰ってきたのを見計らって

様子を伺いにきたのは手に取るようにわかる。

 

 

 

おねえさん(母親のこと)はどう?

 

良くないですよ......と返すと

 

ことばを失う、おば。

 

どんな答えを期待してきたのだろう、、

 

 

 

 

母親が入院し数ヵ月、ずっと探りを入れたくて

しかたなかった、おじ夫婦。

 

 

 

 

とあることをきっかけに、

これみよがしに押しかけてきた二人。

 

 

 

 

話の内容はわかっていた。

 

いままで、母親には世話になってきた二人。

 

 

 

そのことで、義理の弟、妹として

話をする気が少しでもみえたなら

家の中できちんと話をするつもりもあった。

 

 

 

でも、ふたりからは、わたしひとりでこの家に

住むのだからご近所づきあいをちゃんとしなさい。

 

 

 

このことばしか出てくる様子はないらしい。

 

 

おまえがちゃんとしなければ、じぶんたちが

恥をかくといわんばかりに。

 

 

 

以前、やはり具合が悪いと聞き様子を伺いにきたとき

 

わたしに向かって、なにかあったら頼むね。

 

それだけを言い放ち、帰って行った、おば。

 

 

 

 

ご心配なく、どんなことがあっても

アナタたちを頼る気はありません。

 

 

そう言うわたしに、

 

そんな態度をとるのであれば

もう、おわりじゃないか......

 

と言う、おじ。

 

 

 

終わりってなにがでしょう?

 

ッテイウカ、ナニモハジマッテナイシ、、、

 

 

外での立ち話しで充分だ、、、 

 

 

 

おまえがそういう態度なら

しょうがないな、、

 

 

 

そう、高圧的なことばを残し

帰って行ったふたり。

 

 

 

ご近所さんの手前、姪に対してやさしいふたり。

そんな小芝居をしたかった、おじ夫婦。

 

 

 

以前のわたしは

それに付き合うこともしたかもね。

 

 

そう思いながら、このふたりを見送ってから

半年経った今、彼らには一度も会っていない。

 

 

そして、かつては、このおじ夫婦の下へ

養女へ出される話があったわたしだったり、、

 

 

 

 

遠くの親戚、近くの他人。

 

どちらもめんどう。

 

 

 

 

そして、なにもせず吸い尽くしにくるだけの

 

近くの親戚いらんっっ!!(ノ`Д´)ノ彡 ┻━┻

 

 

 

本日も、お読みいただき誠にありがとうございました m(_ _)m

 

 

 

 

下記のステップメールにご登録くださっているのに

携帯アドレスのためお送りできていない方が何名か

いらっしゃるようです。

 

携帯アドレス以外でご登録し直していただくか、

gmail.comからのメールを受信可能へ設定変更後、

再登録をお願いいたします

 

お手数をお掛けしますが

どうぞよろしくお願いします m(_ _)m

 

 

 

さちみたまや萌えコン塾へ飛び込むまでや、
飛び込んでからの"今"のわたしへの軌跡をお読みいただける
ステップメール(全13回)
 "覚悟をきめたとき"の購読申し込みはこちら 
 
 
 
さらにドキドキしながらメルマガ準備中~
 
みっちゃまの今日がいちばん♪の購読申し込みはこちら
 
 
ブログではかけなかったような修羅場中の修羅場w
″萌え活″ライブ遠征ネタ話...etc...
など、お笑い成分満載でお送りする予定でござます♪
 
 
ご登録いただけるとうれしいです^^

 

 

 

跡取りムスメはもういません

 

座敷わらしのみっちゃまです。

ご訪問ありがとうございます^^
 
 
旧い慣習が未だ根強く残る、我が家のご近所。
 
 
この春からの我が家がやる予定だった班長さん。
 
 
いろいろとムリ!と、ご理解をいただき
ご近所のAさんにお願いすることができ
ホッとしているわたしでございます。
 
 
 
持ち回り制で二年間の拘束。

 

 

母親が我が家に順番がくると

数年前から大騒ぎしていたこの班長制度。

 
 
集金、配りもの。
それはしょうがない。
 
 
いちばん厄介なのは、ご近所総出のお葬式。
 
 
まあ、それ以外にもいろいろとありますが、、
 
 
ご近所がいなければ、お葬式なんて出せない。
そう母親から若いころに聞かされた。
 
 
でも、今は違うわけで、、
 
 
行ったところで何をするわけでもなく
ただ受付に座っているだけ。
それが丸二日。
 
 
果ては四九日だ、一周忌だと。
お手伝い代と称しお礼を用意。
ことをムリクリ大きくするだけ、、
 
 
班長となれば、そんなことを取り仕切りるために
右往左往しなければならない。
 
 
とても、めんどーなしきたり。
 
 
何度か母親の名代として出たものの
今は葬儀屋さんが全て取り仕切る。
やるこことはご近所のとりまとめのみ、、
 
 
 
しかも、ご近所とはいえ
ほとんど顔を合わせたことのない方ばかり。
 
 
 
60代やら70代の方々ばかりが君臨するご近所。
 
 
班長なんて......
そんな余裕わたしにはございません…
 
 
 
そう思っていたところ、
**(わたし)ちゃんには大変だよねーと。
 
 
声をかけてくれた、現班長Bさん。
 
 
 
気を使ってくれ我が家の次のご予定の
Aさんにお願いしてくれると、、
 
 
 
ありがたや~~m(__)m
 
 
 
そして、お願いするには現班長と一緒に
菓子折り持ってご挨拶に行かねばならぬと、、
声を潜め電話をかけてくるBさん。
 
 
いや、もともとじぶんで持って行くつもり、、、
 
 
そういうしきたりなら、それに従うしかないと、
Bさんとご一緒に約束の時間にAさん宅へ。

 

 

 

玄関先で話そうとするBさんを遮り、

強引に家の中へ招き入れるAさん。

 
 
 
菓子折りを渡すとナニコレ…とAさん。
 
 
気を使いながら話を進めてくれるBさん。
 
 
ああーそうゆうこと。
それで持ってきたの・・・とAさん。
 
 
 
イヤ、ワカッテルダロ…
 
 
 
その後、年上の威厳を放ちながら
アレヤコレヤと我が家の探りを入れるA
 
 
それに徐々に加担しはじめるさん。
 
 
 
要するに、どちらもじぶんが
介護する、される側の当事者になる
そのときの心配をやわらげたい。
そんなところだ、、
 
 
 
こんなとき、相手のホントに言いたいことが
前もってわかるじぶんがめんどくさい。
 
 
 
 
ひとりじゃさみしいでしょ?
 
困ったことがあったらなんでも言ってね♪
 
これから仲良くやっていきましょうね〜♪
 
ナニかあったらよろしくね〜♪
 
わたしたちも年だから…と。
 
 
 
スイマセン、ナニヲイッテルノカワカリマセン…
 
 
 
お引き受けくださりありがとうございます^^
 
 
 
深々と頭を下げ、ふたりでAさん宅を後に。
 
 
 
すると、門を出るなりさん。
 
 
ひとりのほうが気楽だよね…と。
 
 
ハイ、ソウデスネ。
 
 
 
んーーー、、、
 
水面下で行われている嫁同士の威厳の張り合いに
付き合わされただけだったようですな、、、
 
 
ったく、どいつもこいつも
めんどくせーって!! (ノ-_-)ノ ~┻︎━︎┻︎
 
 
 
 
あなたたちが思っているような
ご近所さんにも評判の跡取りムスメ
残念ですが、そんなわたしはもういません^^
 
 
 
 
 
本日も、お読みいただき誠にありがとうございます  m(_ _)m
 
 
 

 

下記のステップメールにご登録くださっているのに

携帯アドレスのためお送りできていない方が何名か

いらっしゃるようです。

 

携帯アドレス以外でご登録し直していただくか、

gmail.comからのメールを受信可能へ設定変更後、

再登録をお願いいたします

 

お手数をお掛けしますが

どうぞよろしくお願いします m(_ _)m

 
 
 
さちみたまや萌えコン塾へ飛び込むまでや、
飛び込んでからの"今"のわたしへの軌跡をお読みいただける
ステップメール(全13回)
 "覚悟をきめたとき"の購読申し込みはこちら 
 
 
 
さらにドキドキしながらメルマガ準備中~
 
みっちゃまの今日がいちばん♪の購読申し込みはこちら
 
 
ブログではかけなかったようなこぼればなし、
″萌え活″ライブ遠征ネタ話...etc...
など、お笑い成分満載でお送りする予定でござます♪
 
 
ご登録いただけるとうれしいです^^
 
 
 

魂に刻まれた痛み

 

座敷わらしのみっちゃまです。

ご訪問ありがとうございます^^
 
 
ここしばらく、不定期に襲われる胃の痛みに
憔悴する日が多かったわたしです(汗)
 
 
が、さちみたまのご支援をはじめ
 
萌えコン0期から誕生した、ひでもん&ひとみん
べっぴんヒーリングユニットくらまーず。
 
 
ひとみんによる真夜中の遠隔ヒーリングなどのおかげで
ようやく痛みから解放された次第でございます。
 
 
ちょいとこちらでご紹介をば...
 
まもなくスタート”さちみたまサロン″はこちら^^

http://sachimitama.com/event/salon_shotai/

 

 

″くらまーず″についてはひでもんのブログを♪

kamixkakushi.hatenablog.com

 

ぐっすり眠れちゃうひとみんの遠隔ヒーリングはこちらで詳しくどうぞ^^

hitominmin.hateblo.jp

 

 

 

この、おそらく中学生ぐらいからの慢性化された
時として意識が遠のくほどの痛み。
 
 
毎回、同じところ。

 

 

数時間もするとおさまり、

そのまま痛みがあったことも忘れて。

 

にも言わず医者にも行かず。

 
 
その繰り返しを大人になってからも、、、

 

 

そして、今から10年くらい前。

 
 
いつものように胃の痛みを感じはじめたわたし。
そのときは、何時間経っても痛みが引かず。
何日間も痛み続ける。
座っていることもままならない。
 
 
そんな状態が続き、さすがに病院へ。

 

 

そこで、有無も言わさず

胃カメラを飲まされる、、、(T▽︎T)

 
 
結果は胃の壁に針で刺したような無数の小さな穴……

コレハイタイワ…と、つぶやく医師。

 
 
薬を処方され、そのときはすぐに回復。
 
 
そして、ときおり感じるものの
あまり気にも留めずに。
 
 
ただ、その後の健康診断では毎回、
胃の変形を指摘され続けてはいるけれど、、
 
 
 
そして昨年5月。さちみたまに飛び込んでから
ふたたび胃の痛みに悩まされはじめる。
 
 
連日、みなさまからの支援でどうにか乗り越え
一度目のさちみたまセッションを受けたわたし。
 
 
その後は、いろいろ起き過ぎて
なかったことにしていたのかも、、

 

 

そして、一旦、終息してたかのような痛みが

激しさを増したのが、このブログを始めてから。

 

 

さらに、先日は連日の不定期な激しい痛み。

 
 
まるで腹部に何かを刺されたかのよう。
 
 
ふとよぎった感覚は、刺し殺されるときの痛み。
 
 
もちろん、今のわたしは生きている。
そんな経験はない。
 
 
その痛みと同時に起きる
胸元の焼けるような吐き気と息苦しさ。
 
 
気になって、さちみたまに投げてみる。
 
 
おー、フトマニでてあてしておきましょー。
と。
 
 
フトマニ=さなさんの手により生み出された強力なヒーリングアイテム。
 
 
そのときの、わたしの中に降りてきていたことば。
 
 
それは、、毒殺……
 
 
もちろん、毒など飲んだこともない。
親からの毒はいっぱい飲んできたわたしだけど、、、
 
 
 
そしてもうひとつ。
 
 
わすれられない痛みの記憶がよみがえる。
 
 
一晩中、下腹部の激痛にのたうちまわった
5年前のある夜のこと。
 
 
子宮を握り潰されているかのような痛みと苦しさ。
 
 
 
その後、女性としての役目を静かに
 
終わらせていったわたしの子宮。
 
 
 
 
前世、過去生。
 
 
 
 
そんなことはわからない。
 
確かめる術もない。
 
確かめる必要もないのかも…
 
 
 
こんなことを考えるじぶんはおかしい。
そう思うことはしょっちゅう......
 
 
 
でも、
 
じぶんが感じることは全てじぶんにとって正しい。
 
 
 
 
何度も同じことを繰り返してきたと言われるわたしの″魂″。
 
 
だとしたら、
 
 
わたしの中の″魂″には
 
 
 
じぶん自身を傷つけられた記憶。

じぶんの"能力"によって消された記憶。

女性であるじぶんを拒絶したい記憶。
 
 
 
 
そんなものが刻み込まれているのかもしれない。
 
そして、それらを癒すための"今"だったりするのかも、、
 
と、そんなことを思うわたしです。

 
 
 
 
さちみたまや萌えコン塾へ飛び込むまでや、
飛び込んでからの"今"のわたしへの軌跡をお読みいただける
ステップメール(全13回)
 "覚悟をきめたとき"の購読申し込みはこちら 
 
 
 
さらにドキドキしながらメルマガ準備中~
 
みっちゃまの今日がいちばん♪の購読申し込みはこちら
 
 
ブログではかけなかったような修羅場中の修羅場w
″萌え活″ライブ遠征ネタ話...etc...
など、お笑い成分満載でお送りする予定でござます♪
 
 
ご登録いただけるとうれしいです^^
 
どうぞよろしくお願いします♪
 
 
 
本日も、お読みいただき誠にありがとうございました m(_ _)m



 
 
 
 
 

癒しのチカラモチって?

座敷わらしのみっちゃまです。

ご訪問ありがとうございます^^

 
 

ただいま萌えコン同期・繁盛の女神の

しまひさえさん(くどぴー)へ

萌え事務サポートをお願いし

一気に動きが加速で右往左往中でございますw

 
 
そんな繁盛の女神くどぴーは
事務のスペシャリストだけではなく
すんごいエネルギーワーカーさまでもあったりして。
 
 

こちらがくどぴーのブログです ^^

kudop.hatenablog.com

 

 

 

メッセージで

ってPCでどう打つのですか……?(´・ω・`)
な~んて質問にも、
ちょっと待ってね〜〜♪と、
わかりやすく教えてくださる女神くどぴー。
 
 
 
そしてちょっとした雑談などにも
エネルギーダダ漏れでおつきあいくださったり。
 
 
 
スピ系のお話がことごとく苦手、、、

なのに、さちみたまフリークww

だけど、くどぴーにはなんとなく

さらっと話すわたし。

 
 
 
先日の萌えコン塾in大阪のグループコンサルで、
 
じぶんのご利益がどんなものなのか
わからなくなった・・・
 
癒しのチカラモチってなんだろう…と。
 
なんとなく。
 
 
 
このくどぴーとの会話の中で、、
 
 
 
前回のブログにも書いたように
 
笑えれば結果オーライ!!!
 
がモットーのわたし。
 
 
 
笑いたいはずなのに笑うことを
遠慮してるひとをみると
ウズウズとしてしまうことを白状
(実はナゼか隠してたw)
 
 
そうそう、それはわたしにしかできないこと!
と、女神くどぴー
 
 
 
さらに、時として思いっきり確信をつく
振り子のないふりこよみ。とも、、Σ( ̄。 ̄ノ)ノ
ドキドキ、ドキドキ
 
 
 
んーー
もしかして、わたしの持ってる
"癒し"のバカヂカラって
 
"お笑い成分"でできている......?ww
 
 
 
しんどくても、キツくても
それを笑いにするチカラ。
 
 
 
たしかに、そのチカラはあるかもな…と。
 
 
 
そんなことに、さらっと気づかせてくれる
くどぴーもチカラモチ。と、いつしか会話は
萌えメン恒例のブーメラン返しの応酬w
 
 
 
人との出会いに恵まれているわたし。
 
 
 
もし、本当にひとりだったら...
 
こんなに笑ってはこれなかったはずだから。
 
 

もし、笑いたいのに、笑えない。
 
 
 
そんな誰かの″笑″いのスイッチを
入れるくらいならできるかも…
 
 
 
なんてことを、ふと思ってみたりする
"今"のわたしだったりします^^
 
 
 
 
こんな"今"のわたしへの軌跡をお読みいただける
ステップメール(全13回)ができました。
 
 
"覚悟をきめたとき"の購読申し込みはこちら 
 
 もし、よろしければご登録くださいませ^^
 
 
 
 
本日も、お読みいただき誠にありがとうございました m(_ _)m

 

 

失敗も、じぶんを許せば笑いのネタに

座敷わらしのみっちゃまです。

ご訪問ありがとうございます^^

 

 

昨日、萌えコン塾0期のグループコンサル

参加のため大阪へ行ってきたわたしです。

 

 

朝は最寄り駅を始発。そしてのぞみにて。

 

 

帰り…(ФωФ)さまに冷たいネコ缶なんて、、

と下僕のわたしが選んだのは深夜バス。

 

二十年振り。

 

眠れるかなと、ちょいと心配……

 

 

が、しかし、

 

 

京都を過ぎてからの記憶は途絶え。

目が覚めた、その耳に入ってきたのは

バスタ新宿"のアナウンス。

 

 

ココハドコ…?

 

 

完全に爆睡していたわたしでございますw

 

 

 

眠れないひとが多いことで有名な深夜バス。

神経質で寝つきが悪い。

隣に見知らぬ誰か。

 

 

 

そして、最後に乗ったときのやらかした思い出。

 

 

 

あれは、名古屋で大好きなライブに

行ったときのこと。

 

 

 

前日は京都観光。

電車で名古屋へ移動しライブを…という計画を。

 

行きも帰りも深夜バスにて、、、

 

 

 

東京から早朝の京都へ。

 

全く眠れなかったわたし。

 

ぼーっとしながら、

チケットを運転手さんに渡し降車。

 

 

 

そのまま、早朝からあちらこちらへ。

哲学の道を散策したり、人力車に乗ったり。

京都市内を満喫。

 

 

 

ホテルで一泊し、予定どおり名古屋へ。

 

 

 

ライブハウスでスタンディング。

その日のチケットは、2ケタの整理番号。

前から2列目。

 

 

終演後、萌えつきて気持ち良いくらい

灰になったわたしたち。

 

 

萌えた気持ちのまま、バスターミナルへ。

ホントならいっぱい飲みたい。

でも、そこまでの時間はない…

 

 

 

ちょっと早めに受付へ向かうことに。

 

 

 

バスのチケットを出すわたし。

みんな(三人分)をじぶんがまとめて持っていた。

 

 

チケットをながめると、

 

 

「京都」の文字…

 

 

………ハイ?

 

 

 

よく見るとそこには、東京→京都と。

 

 

エット、、チョットマッテ、、

 

 

かなりパニック。

 

 

ことばが出ないわたし。

 

 

友達がどーしたと声をかける。

 

 

コレ…来たときのチケット。と手渡してみる。

 

 

友達、、、ぽかん。

 

 

トウゼンデス、、

 

 

 

京都でバスを降りた際、誤って帰りの

チケットを渡している……ってことですね、、

 

 

あわてるな……冷静に……

 

 

とりあえず、受付に事情を話すことに。

 

バス会社の受付のおじさん。

話が一瞬飲み込めない様子。

 

ハイ…トウゼンデス……

 

 

ふたたび説明。

 

ようやく理解していただき、予約時の名前や

電話番号を伝えるもチケットがないと乗車は

ムリかな……と、つぶやくおじさん。

 

 

 

ヤバい、バスに乗れない。

 

じぶんだけならともかく

友達も巻き込んでしまった。

 

泣きたい……

 

いや、泣いてる場合ではない。

 

どうする……じぶん。

 

 

新幹線はもうない。

バスは満席の案内。

ホテル、、、空室ある……?

 

 

いろいろなことが瞬時に脳内を駆け回る。

 

 

どんどん発車の時間が迫ってくる。

 

 

友達にごめんなさい、、と

謝ることしかできないわたし。

 

ううん、大丈夫。

そう言ってくれる友達にさらに

ごめんとしか言えない。

 

 

たのしかったライブの余韻は

完全になかったことに、、、(´; ω ;`)

 

 

そこへ、受付のおじさんが

じぶんたちの席覚えてる?と聞いてきた。

 

 

前方席のため覚えていたわたし、即答!

 

 

ちょっと待っててと、無線らしきもので

誰かと話すおじさん。

 

 

すると、おじさんがニコっと

 

 

うん、その席3つ空いてるから

キミたちので間違いないね、と。

 

 

これからは気をつけないとね!と、

言いながら少しだけ発車時間を送らせた

バスに乗せてくれたのでした。

 

 

今では、笑い話しの大ネタにww

 

いや、すでにそのバスの中でネタが出来たね♪と、

バスの中では小声でライブの余韻を

話すわたしたち。

笑ってくれる友よ、ありがとう♪

 

 

 

ごめんなさい…肝に命じます……(´・ω・`)
ありがとうございます!!!

 

 

たしか、そう言って反省したわたし。

 

 

 

年月がたち、バス以外のものを

ナゼか遅らせてしまってたりして、、、?

 

 

 

萌えコンからの帰りの深夜バスの旅。

こんなことを思い出すわたしです^^

 

 

 

 

ただいま、萌えコン同期くどぴーの強力サポートを受け、急ピッチでステップメールなるものをドキドキしながら作成中でございます〜

 

 

今日も、お読みいただき誠にありがとうございました m(_ _)m

 

 

 

ちゃぶ台返しの思い出

座敷わらしのみっちゃまです。

ご訪問ありがとうございます^^

 

 

 

最近、萌えメンでは座敷わらしが定着し

さらには、"ちゃぶ台返しのミツ"なる

新たな呼び名をちょうだいしたwわたしです。

 

 

 

 

萌えコン仲間ぐっちゃん画伯から頂いた

 

ありがたいイラストwww

f:id:javucoff:20170203134342j:plain

 

 

 

 

ぐっちゃんのエッセイマンガもっと読みたい(ボソッ

こちらなんて、もう秀逸でございますっっ

www.itowokanews.com

 

 

 

 

なぜ、金太郎・・・?の、謎はこちらをどうぞ^^

覚悟をきめたとき 最終章 - 今日がいちばん♪

 

 

 

 

実際に目の前で、ちゃぶ台がひっくり返るのを

見て育ったわたし。

 

 

 

でも、記憶にあるのは、たった一回。

たしか小学校の低学年。

 

姉の話によると、しょっちゅうあったらしいけど...

 

 

 

夏休み。

 

 

昼間からお酒を飲み、酔っていた父親

 

 

当時、旧い我が家にあったのは

ちゃぶ台より少し大きめのテーブル。

 

 

そこへ、母親が昼食で用意したそうめんを。

 

 

その瞬間、

 

 

こんなもの食えるか!!!

 

 

と、父親ちゃぶ台返し

 

 

 

目の前に飛び散る、そうめん、、、

 

 

呆然とするわたしと次姉。

 

 

目の前で始まった両親の怒鳴りあい。

 

 

このためなのか、そうめんは好きではありません...

 

 

記憶にあるのはこの場面。

 

 

そして、

 

 

泣きながら止めに入る小さなわたしを

抱きしめてくれた姉にすがりつくじぶん。

 

 

 

忘れたかった遠い記憶を

ふと思い出して書いてみた今

 

 

 

なんとなく涙があふれる

そんなわたしだったりします。

 

 

 

 

今日もお読みいただき誠にありがとうございました m(_ _)m