みっちゃまの地球住み込み日記

ねこむすめが地球という星になじむまで

Happiest today

記憶さがし 七つ目 

【じぶんごとの思い出さがし】

 

 

"癒しの力もち"ねこむすめのみっちゃまでございます(ФωФ)

ご訪問ありがとうございます。

 

 

ずっと続けている記憶さがし

なんでこんなにこだわるのか...

 

 

過去のことなんてどうでもいい

そう思いながらも、どうしても過去の幻影を

追い続けてしまうじぶんを持て余して

 

 

 

「今」の生きづらさが過去のトラウマにある

だからそれを癒せば・・・

そんなふうに思ったりもした

 

 

 

もちろん、こだわり続けた過去が

ただの過去になってもいる

 

 

 

でも、どことなく、すべてひとごと

 

 

 

それは、トラウマになっている…

そう感じているじぶんの記憶や感情でさえも

 

  

「こうだったんだよ・・・」

 

 

という、与えられたものでしかなかったから

かもしれない

 

 

 

「こうだったであろう・・・」

 

 

 

周りから与えられ、つくりあげたじぶんの思い

 

 

 

そこに、じぶんのホントはいない

 

 

 

わたしの探し続けている記憶

 

 

 

それは、だれのものでもない

 

 

 

じぶんごとの思い出

 

f:id:javucoff:20170523170037j:plain

気づいた後はそうあるだけと流すだけでいい

"癒しの力もち"ねこむすめのみっちゃまでございます(ФωФ)

ご訪問ありがとうございます。

 

 

先日のさちみたまサロンゴールドコース)

グループセッションで思いを吐き出し。

 

 

そして、エネルギー支援動画をエンドレスで

ただただ流し続け。

 

 

ずーっと、言いたかった想いがみつかった。

 

 

ものごころがついたときから

 

 

誰か(母親)の、無意識の想いを感じ取り

誰か(母親)の、無意識のウソを感じ取り

誰か(母親)の、罪の意識を癒し続け

 

 

運命なんてことばはキライ

 

でも、抗えないこともある

 

受け入れて、じぶんを納得させて

 

これが、じぶん・・・

 

そう言い聞かせてきたけれど

 

 

 

ふざけんな・・・

 

 

こんなものいらない

 

これが、わたしの一番の想いごと

 

 

 

 

 

気づいた後は

 

そうあるだけと静かに流すだけでいい・・・

 

 

はじめてのお茶会

"癒しの力もち"ねこむすめのみっちゃまでございます(ФωФ)

ご訪問ありがとうございます。

 

 

 

今日も記憶さがしはおやすみで

先週主催させていただいたお茶会のことを・・・

 

 

この日のご参加くださったのはお二人

プロフィールポエマーで以前からFBで

交流させて頂いていたあやさん

そして、萌えコン塾ゴリヤクセミナーで

お友だちになったひろ子さん

 

 

 

 

5月13日 土曜日

この日のお天気は雨...

しかも、お昼近くになるに連れどんどん強くなる雨音...

 

 

待ち合わせ場所に向かっていると

あやさんからメッセージが...

 

 

こんな、雨の日に

拙いワタシのお茶会をふたりとも

たのしみにしてくれている

その気持ちをだいじにしよう

 

 

 

そう思いながら、電車に乗り込んだワタクシ

 

 

が、、、

 

 

途中の乗り換え駅にて

突然、人身事故発生とのアナウンス

電車が止まる・・・

 

 

あわてて、別のルートで乗り継ぎ乗り継ぎ

 

 

待ち合わせ時間にほんの少し遅れます~~~と

お二人に連絡

 

 

大丈夫だよ~~~♪とお二人とも

 

 

先に着いてお待ちしているはずが

約束の時間ぴったりで駅に到着

 

 

急いで、待ち合わせの場所へ

 

 

ところが・・・

 

 

じぶんで指定した場所がわからなくなるワタシ

 

 

迷子になりました(´;ω;`)

 

 

そこから動かない選択をし

参加者のひろ子さんに

見つけ出してもらうことに

 

 

 

その後、お待たせしまくったあやさんとも

無事合流

 

 

この時点で、初めまして感はゼロに...w

 

 

予約のお店は、駅から少しだけ歩く場所

 

 

向かいましょーと歩き始めたはいいが

イマイチ良く分からない・・・

 

 

雨の中、三人でさまよいながらも

無事に到着

 

(頼りない主催者で申し訳ございません・・・)

 

 

もう、この時点で完全にリアルドリフ......

カッコつけてもムダw

 

等身大のじぶんでいよう

 

ハラをくくる(笑)

 

 

イヤ、はじめてだしね

少しはキラキラした感じも...

そう思ったりもしたけど

必要なかった(笑)

 

f:id:javucoff:20170519164823j:plain

 

 

f:id:javucoff:20170519164733j:plain

 

パンケーキのおいしいお店で

三人三様

みんな好き勝手

自由気まま

 

ぶっちゃけトーク全開w

 

 

三人とも

めちゃくちゃ笑い転げましたな~(笑)

 

f:id:javucoff:20170519164711j:plain

 

後日、お二人から...

こんなうれしいご感想が 。゚(つД`)゚。

 

 

 全員初対面なのにみんな自分のペースというか

 リズムというかそれぞれの良さが存分に出た3時間^_^ 


 気がついたら嘘偽りのない「わたし」が

 だだ漏れしてました。

 終始絶賛して頂き嬉しかったです。

 

 ずっとみつゑさんに会いたかったので

 願いが叶ってしあわせでした。

 

 素敵な時間を有り難うございました♪

       

               byあやさん

 (こちらこそ、あやさんのことばのファンでございます^^)

 

 

 LIVEと猫大好きな、みっちゃま。

 会ったのは一度だけであとはFacebookでの   

 交流でしたが

 みっちゃまが、お茶会を企画してくれたので

 会えるチャンスだ‼︎ と思って

 即参加しました。

 待ち合わせスタートから

 終始、全く緊張感のないお茶会で

 すごく楽しかったです。

 

 一体、なんのお茶会だったのかなぁ?

 そんな事も、忘れちゃったし

 まぁ、なんでもいいか!な(笑)

 

 すごぉおおおーーく、楽しい時間でした。

 ずいぶん喋って、ずいぶん笑ったので

 全身ぽっかぽかになりました。

 

 とくに楽しかったのは

 3人が3人とも、あまり人に合わせず

 其々が、マイペースで勝手でいられたのに

 なんだか良い雰囲気だったことが

 めちゃめちゃ、快適でした〜。(≧∇≦)

 

 久しぶりに、ズッコケな時間を

 過ごせた事が本当に嬉しかった♡

 

             Byひろ子さん

 (こちらこそ、ステキな方だな~と思っておりましたです^^)

 

 

 

心地よくお話をする場を作り上げる

そして、そんな心地よい空間で

じぶんでは気づかない「いいトコ」さがしの

 

おてつだい

 

 

癒しの力もちが本領発揮するのは

こんなことかもしれないなーと

じぶんもいっぱいたのしんで

気づくことができたお茶会

 

 

 

 

ご参加くださったあやさん、ひろ子さん

そして、支えてくれたみなさま

本当にありがとうございました!!

 

 

 

 

気が向いたら、またやりたいなーー

と、思うワタクシでございます^^

 

 

 


 

 

 

お話するだけで迷いが消えたり

じぶんのいいトコがみつかったりする

 

みっちゃまの”聴くセラピー”

zoom(スカイプみたいなモノ)を使います^^

 

 

お申込みはこちら~~

イージーアップもありでございます♪

 

 

 

ちょいとおやすみも大事です

"癒しの力もち"ねこむすめのみっちゃまでございます(ФωФ)

ご訪問ありがとうございます。

 

 

GWあたりからひっそりとはじまっていた

記憶さがしという名のゲロりんシリーズw

 

 

毎日、毎日ゲロゲロしてたら

身がもたねーーって...(#・∀・)

 

 

と、ココロの声

 

 

だから、今日はぜーーんぶお休み~~~♪

 

 

f:id:javucoff:20170516150222j:plain

記憶さがし 六つ目

【うさぎのマフラー】

"癒しの力もち"ねこむすめのみっちゃまでございます(ФωФ)

ご訪問ありがとうございます。

 

 

 

完全にゲロりんシリーズとなりました・・・

(お食事中のかた、失礼いたします)

 

 

 

感覚マヒをさせてきて
それを取り戻しはじめた今のワタシ

 

 

 

ひとから発せられている、とある感情

 

 

 

これが、きもちわるくてしかたがなかったここ最近

 

 

 

それに気づいたのは・・・

先日のさちみたまサロン(ゴールドコース)

の、グループセッションでのこと

 

 

 

高い感受性を持っているワタシ

これが「きもちわるい」と連呼

 

 

 

ワタシの中の大ネタ

 

防御反応…

 

 

 

お約束の涙…

泣きキャラ健在(笑)

 

 

 

後日、配信された音声を聴きながら

果たして、今わたしは

何回「きもちわるい」と言ったでしょう・・・?と

ひとりでツッコミをいれるほど

 

 

 

あまりの「きもちわるさ」に軽くパニック

セッション中、惜しみないエネルギー支援を受け

少しづつ安心を取り戻すことができた

 

 

 

そして、このブログでじぶんの記憶さがしを始めたら

闇ばかりになっちゃった…(´; ω ;`) とワタシ

 

 

 

すると、、、

 

 

 

ゲロ期だと思ってあきらめろ(笑)

ゲロ吐きながらきれいなものは出ないと思うよ^^

吐くと決めたのだから出してスッキリしましょう♪

 

 

 

ごもっとも・・・ !

 

 

ワタシには溜め込みながらのキラキラなんていう

器用さはない

 

 

 

てなことで、ワタシのホントのキラキラを出すために

今日も今日とて、ゲロりまするw

  

 

 

 

幼稚園・・・

 

 

 

年少さんのころは覚えていない

気づいたら年長で先生が変わって

キライになっていた

 

 

 

当時牛乳が飲めなかったワタシ

(これも記憶がないけれど...)

年少さんでは母が先生に頼んでくれたらしく

飲まずに避けてとおれていたとのこと

それが、年長さんの先生は通用しなかったらしい

 

 

 

或る日のできごと

 

 

その日は喉をとおっていかず・・・

そのまま、リバース

(お食事中のかた失礼いたします...)

 

 

 

残念ながら、大地には帰らなかった・・・

水曜どうでしょう藩士ならわかるかしらんwww)

 

 

 

母が呼び出され早退の断片的な記憶

 

いつもいないはずの時間に家にいるじぶん

 

ほんの少しのこころ細さ...

 

 

 

後々、そのことで先生とケンカをしたとの

母の武勇伝を聞かされた

 

 

 

母の愛情があったのは間違いないはず・・・

ただ、今でいうモンスターペアレント

勢いだった感は否めない...

 

 

 

そうして、この先生のワタシへの風当たりは

きつくなったのかもしれない

 

 

ことある毎に、怒られていた...

ような気がする

 

 

なつかない園児

 

  

理不尽な八つ当たり・・・

だったのかもしれない

 

 

 

 

 

そして、小学校を卒業するまで

なぜか上手くつきあうことができない

ともだちAと同じクラスになったのも

このころだった

 

 

出会いの記憶は全くない

 

 

或る日のお昼寝の時間

 

 

目が合ったとき、おもむろに

「イーっ」とされたこと...

 

それが、さいしょの記憶

 

 

じぶんもやり返したのだろうか...?

 

 

ただ、近寄ってこなければ良いはずなのに

なぜかいつも近寄られては、ちょっかいを

だされていた気がする

 

 

ニガテな相手から、いきなり擦り寄られる・・・

コレって今とあんまり変わらんぜよ......(#・∀・)

 

 

 

冬の或る日

ウサギの毛のマフラーをしていたワタシ

 

 

 

帰るころに無くなっていた

 

 

 

おそらく、先生に訴えたのであろう

どう訴えたのか覚えていない

 

 

 

誰かが隠したとでも言ったのだろうか・・・

そして、それはAじゃないか・・・

そんな空気になっていたのかもしれない

 

 

 

ことが大きくなり

呼び出された母親がやってきた

 

 

 

探し回って、出てきた場所は

園児の荷物置きの背の低い棚の裏だった

 

 

 

ワタシのことも母のことも

よく思っていない先生

 

 

 

困った親子…

そんな目を向けられたことをぼんやりと覚えている

 

 

 

帰り道、母はなにも言わなかった

 

 

 

泣きもせず、怒りもせず

じぶんが悪いことをした

 

 

そんな気がした帰り道

 

 

 

f:id:javucoff:20170511152322j:plain

 

 

 

迷いから抜ける"聴く"セッション受付中♪

zoom(スカイプみたいなモノ)を使用します

ねこさんに話しかけるように気軽にどうぞ^^

(イージーアップもお伝えしています)

 

 

 

記憶さがし 五つ目

【まちぼうけ】

 

 

"癒しの力もち"ねこむすめのみっちゃまでございます(ФωФ)

ご訪問ありがとうございます。

 

 

ところで、

なにがところで、、、?w

 

 

ひとの記憶って、いつごろから

ハッキリとしているのだろう?

 

 

ワタシのさいしょの記憶を書いては見たものの

 

 

それ以降、20代に入るまで

すべてに於いて記憶がうすい

 

(萌えのLIVEとおねこさまを除いては...w)

 

 

特に、小学校の3年生までが

ほぼ、断片的な映像としての記憶のみ

 

 

まあ、子どものころの記憶が

ハッキリとあるひとのほうが少ないのかな?

 

  

記憶の欠片しかないじぶん

それにギモンをもったことはなかった

 

 

ただ、じぶんの生きづらさと向き合い

ふかぼりをはじめると

記憶のないじぶんに翻弄されていくのだけど…

 

 

 

 

ワタシの写真は、2歳くらいからのみ

それ以前は1枚も見たことがない

それを、母に尋ねたこともない

 

 

 

ただ、なんとなく

女の子ばかりで、男の子が欲しかったはずだから

三人目のムスメなんて目新しくもないし、、、

そりゃ、撮らんよな・・・

 

 

そうやって、じぶんを納得させていたのかもしれない

 

 

幼稚園にあがってからは

もう少し枚数が増えてきた...?

それでも家で撮った写真は無いに等しかった

 

 

幼稚園の年少のころ

先生におとうさんは何をしているの?と聞かれ

おうちで寝てると無邪気に答えたワタシ

 

おそらく、お酒を呑んで寝ていたのであろう...

 

母にしてみれば、世間にバレてはいけない家の事情

 

 

 

これも、大人になってから何度となく

繰り返し聞かされた

 

 

 

このときの先生が大好きだったようで

写真はいつも先生の横

 

 

このころから、大好きなひとにぴとっと

くっついていたんですなw

 

 

そんな大好きだったはずの幼稚園が

年長さんになり先生が代わり

キライになっていく

 

 

 

このころ、ぼんやりと覚えているのは

当時、可愛がっていたおねこさまが我が家の

裏庭にあった古井戸に落ちているのを見つけ

泣きながら助けを求めたこと

 

 

 

そして、いつものとおり幼稚園のお迎えを

祖母と待っていた或る日

 

 

 

その日、いつものバスが時間通りにこない

怒った祖母は、そのままワタシを連れて家に戻った

 

 

 

どんな会話をしたのか覚えていない

 

 

 

ただ、心細くて

さみしそうにしているじぶんの姿だけが

残っている

 

 

 まちぼうけ・・・

 

 

なんとなく、じぶんが

とても悪いことをしたような

気がしたことだけがぼんやりと...

 

 

 

f:id:javucoff:20170511142158j:plain

 

 

迷いから抜ける"聴く"セッション受付中♪

zoom(スカイプみたいなモノ)を使用します

ねこさんに話しかけるように気軽にどうぞ^^

(イージーアップもお伝えしています)

 

 

 

記憶さがし 四つ目

【救いだされたいのち】

 

 

"癒しの力もち"ねこむすめのみっちゃまでございます(ФωФ)

ご訪問ありがとうございます。

 

  

 

今日は、母の日でございますが・・・

 

ちょいとダークでヘビー

小さなお子さまがいらっしゃったり

トラウマなどを抱えてますよーーな方は

スルー推奨だったりします

 

 

 

昨日、事故から救われたお話を書きましたが

そればかりでは無かったワタクシ

 

 

 

姉たちと年齢が離れている三人姉妹の末っ子

 

 

長女とは11歳の年の差、、、

 

 

この長姉と母の壮絶な親子ゲンカを

連日聞いていたワタシと次姉

 

 

このことを思い出したのは

昨年、母が入院した後のこと

 

母は、次姉とワタシには

真正面から向き合ったことはなかった

 

 

理由はおそらく・・・

 

 

寝ている幼いワタシの首を絞めている母を

小学生だった次姉が必死に止めたから

 

 

そう、ワタシは

母から殺されかけたこども

 

 

次姉に母の手から救いだされたいのちだった

 

 

それを知ったのも、母が入院した日のこと

次姉の口から聞かされた事実

 

 

次姉も何歳のころか思い出せない

忘れたい、でも忘れられない

誰にも打ちあけられなかった

苦しい思い出と、語ってくれた

 

  

 

3歳位のころ

ワタシが母にこう聞いたらしい

「なんでワタシを産んだの」

 

「欲しいから産んだの」

そう、答えた母に

 

「じゃあ、許す」

と、答えたワタシ

 

 

それがとてもショックだったと

母の口からはじめて聞かされたのは2年前

 

 

 

 

 

その日から、幼いワタシは

何を許したのか・・・

気になってしかたなかった

 

 

 

失った記憶の点と点が

つながったような気がした

 

 

 

ワタシは、じぶん自身を殺そうとした

そんな母親を一度は許した

 

 

でも、母はじぶん自身を許さなかった

そのことを隠し通した

 

 

そして・・・

 

ワタシと次姉と真正面から

向かい合うことからも逃げていた

 

 

そのことがバレてしまうのが

こわかったのかもしれない

 

 

わたしたち、ずっと

おかあさんに真正面から

向き合って欲しかったんだね

 

 

こんな会話をしたのは

ちょうど、去年の今頃のこと

 

 

f:id:javucoff:20170509214223j:plain

 

迷いから抜ける"聴く"セッション受付中♪

zoom(スカイプみたいなモノ)を使用します

ねこさんに話しかけるように気軽にどうぞ^^

(イージーアップもお伝えしています)