読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日がいちばん♪

癒しの力もち・ねこむすめの毒親ばなれ日記

覚悟を決めたとき (4)

 
無自覚の覚悟

 

 

これまで

 

覚悟を決めたとき - 今日がいちばん♪

覚悟をきめたとき (2) - 今日がいちばん♪

覚悟を決めたとき (3) - 今日がいちばん♪

 

 

 

停滞感を感じ始めていたころ、東京にてやじるし屋さんの

対面セッションを受ける機会に恵まれました。

 

 


動けずにいたわたしは、まずは仕事のご相談。

 


つかれてるしねー

今はぬるま湯に浸かっていたいみたいよ(やじるし屋さん、ニンマリ)

イイんじゃね♪と。

 

 

このときに頂いたメモには

「パトラッシュ。僕もう、つかれたよ……」と書き記されている。

 

 

そう言えば、最近どこかで似たようなフレーズを見たような(笑)

 

 


物心つく前に利き手を矯正されているわたしは、

これがまだ引っかかっていることを伝える。

 

 

うん、当たり…とやじるし屋さん。

 


そこからふたたび、テーマはそちらに向かっていくことに。

 

 

左手を頑なに封印しているわたし。

ムリに開けるのはキケンとの判断をするやじるし屋さん。

どうしたい?との問いかけに

 

「じぶんで開ける」と伝えたわたし。

 


あっ……?!

そっか…そうだった……このときすでに決めてたんだ。

 

 

だって、やじるし屋さんにウソつけないもん。

気づくの遅ーーーっっ ( ;∀;)

 

 


スピ系とカテゴライズされるいろいろについては「在る」と思っているわたし。
けれどカタチとして証明するのはむずかしい。

だからこそ真実を知りたい気持ちが強かったりもする。

ふわふわ~のスピ系は理解不能。

 


なのに、その後、いわゆるスピ系と感じられるもの全てに

嫌悪感を持ちはじめるじぶんを持て余す。

サイキックカウンセラーのやじるし屋さんに、

じぶんのやじるしを治してもらいながらも。

 

この矛盾がまたじぶんを責める…

 

 

そんなわたしは現在、萌えコン仲間、朱美さん(ぐっちゃん)の

ブログが大好物です (^ ^)

 

ikinarinurikabe.hatenablog.com

 

 

 


わたしが調うのと相反して母親からの干渉が激しくなり、

ぶつかるときが増えていく。

折れるのはいつもじぶん。

 

 


そんなある日、何かのきっかけで口論となり、こんなことを聞かされたのです。

 

 

それは、わたしが3歳くらいのころ。


突然「何故わたしを産んだの…?」と問いかけるわたしに

「欲しかったから」と答える母親に対して、「じゃあ許す」と言ったと聞かされる。


母親から、それがとてもショックだったと訴えられた。

 

 

衝撃を受けたのはわたし自身、、、

 


3歳の幼いわたしは何を許したのだろう…わからない。
ただ、どうしようもなく苦しい。とても苦しくてしんどい……

 

 


そのころ、やじるし屋さん主催の「スゴいトコ」(現在、募集は終了してます)

が走り出していた。

 


どうしよう…と、決めかねていたわたし。

 


「スゴいトコ」に入る=じぶんの中の「ナニか」と

向き合うことになるのはわかっていたから。

 

 

 

このままモヤモヤしていてもなー

 

 

 

えいっっっ!!!と、「スゴいトコ」に飛び込む。

 


ほぼ同時に派遣での仕事が決まる。

 


その頃、東京でイージーアップランチ会のお知らせが。

希望日を出したのはじぶんだった。

そこで、後に「さちみたま」へのご縁につながる

さなさん(山藤紗名英さん)と初対面。

 


ランチ会ではほとんど会話ナシ←人見知り炸裂

さなさんが、募集が締め切られたところに入れてもらったのー♪と

うれしそうに言っていたことだけ覚えている。

 

奇跡の出会い。ふたつ目。

 

 


少しだけ落ち着いた日常の中、やっと1回目の「スゴいトコセッション」を

受けたのがちょうど一年前。

 


前日に大阪へ。
ホテルでテレビをつけると関東大雪と言っている。

はいっっ…?

天気予報ノーチェックだったことにここで気づく。

 


やじるし屋さんは、そのとき東京に。

 


果たしてやじるし屋さんは無事に戻ってこれるのでしょうか???

まぁ、会えなくてもネタになるよねーと、お気楽なわたし。

 

 


あの部屋へ再び。


インターホン押すと、ほっとするあの声。


戻ってくるのタイヘンだったわーーーと、笑っていた。

ネタになるより会えて良かった(^ ^)

 


その日は、座ったままヒプノ3本勝負。

 


もう今日はこれくらいにしとこう、、、

どこまで遡るかわからん、と、やじるし屋さんグッタリ。

わたしもグッタリ。

 


そもそも、ヒプノといものがなんなのかよくわかっておらず

やじるし屋さんのFBでヒプノセラピーだったことを知るわたし。

 


スゴいことはなんとなくわかった。

おぉ・・・やじるし屋さんスゲーーー!!!

って、どこかひとごと。

 


大阪に雪はナシ。

交通機関マヒしてるっぽいけど、大丈夫かなと思いながら東京に戻ると平常運転。

雪もだいぶ解けて無事に帰宅。

完全に雪を回避。

 

 


どれだけ護られてるのーーと、笑うやじるし屋さん。

 

護られてるからね。大丈夫だよ。安心してね。

 

やじるし屋さんがやさしくかけてくれるこの呪文。

 

 


きっと、やじるし屋さんの下を訪れる多くの人がかけてもらえるこの呪文。

ただ、じぶんには三割増な気がしている。

 

 

なぜなら、わたしにとってこの世界には「安心してもいい」そんな場所があることを知らなかったから。

 

 

「大丈夫だよ…安心してね…」

 

この呪文をかけてもらう度に、奥深くから何かが浄化されていくわたしなのです。

 

 

もう、なにも言いません。

今日も、お読みくださり誠にありがとうございました m(_ _)m