毒親ばなれで今日がいちばん♪

機能不全家庭育ちとしあわせは関係なし・ねこむすめの毒親ばなれ日記

Happiest today

空調戦記

どうも、座敷わらしのみっちゃまです♪
と、本日より勝手に名乗ってしまおうかなと。
 
どんなご利益あるかはわかりませんが
どうぞ、よろしくお願いします(^ ^)
 
 
大河を終わらせて「今」のネタ、、
んーー、、そうはいっても「今」は、おこもり中のわたしです。
 
 
 
連日のこの寒さ。
寒いのキライ、、
 
身体中のあちらこちらが痛む。
軽く廃人w
 
 
で、なんとなく思い出すのが、7、8年前に働いていた職場。
 
 
そこは、けっこう大きな新設の自社ビル。
 
 
ワンフロア200人くらい入るような広ーいところ。
 
 
 
空調は床。というつくり。
夏の冷気も冬の暖房もすべて床から。
 
 
新ビルこんなステキなシステムなんです~~♪
と言っていたな、たしか、、
 
 
 
最初は5階。
 
夏、なんとなく足元スースー。
冬、ちょっと足寒いけど、まぁ大丈夫。
 
 
 
後に部署ごと階下へ移動。
 
 
天井が低くて若干の圧迫感。
 
 
んーー、なんかイヤな予感。
 
 
空調室が壁のすぐ横。
ずーーーーっっっと、空調の回る重ーい音が聞こえる。
 
 
 
なんか、空気おもくね……?
 
 
 
予感的中。
 
 
 
異動の季節は秋。 
尋常じゃない寒さ。
 
 
冬。尋常じゃない寒さ×2
 
 
春。やっぱり尋常じゃない寒さ。
 
 
でも、周りは、寒いよねーとは言ってても
じぶんほどではないようす。
 
 
 
夏。半袖アリエマセン…ブーツ履きたい(´; ω ;`)
それ以外の記憶ナシ。
 
 
 
いつしか、その「尋常じゃない」を超え、
じわじわ身体中が痛み出したわたしの身体。
 
 
 
なぜか置いてあった温度計で、誰かが足元の温度を測る。
 
 
計測結果10度……
 
 
寒いはずだよねーって、
 
 
 
っつーか、ソレ水温以下( ;∀;)!
 
 
 
 
 
とある真夏の猛暑日
 
じぶんの身体から湯気が……
 
 
 
おかしい…......
 
体温計ると35.7度
 
 
 
 
老人性の身体の痺れなどにと記された薬が処方される。
 
老人性………
 
 
 
 
家では一年中、ゆたぽん3つ使用。
 
 
毎朝葛藤。
 
 
あそこに座るのこわい......
でも、仕事が…お金が…
 
 
 
そうだ、床をでしまえばいい。
という結論に達するわたし。
 
 
 
薄いものでは意味がない、、、
 
 
 
近所のホームセンターで分厚いビニール製の
テーブルクロスのはんぱを見つける。
 
 
 
電車通勤一時間半。
それを職場に持ち込み足元へ。
 
 
うん、まだマシ。
 
 
つい立てなんぞも。
 
 
 
恥ずかしいなどと言ってられなかった。
 
制するものはひとりもいない。
 
痛々しすぎて触れるものもいない。
 
 
 
が、しかし、わたしの身体は
空調には勝てなかった。
 
 
 
顔色が青から土気色に変わり始める。
 
 
 
ある日トイレから戻ると、
デスクに、、「大丈夫ですか…...」のメモ。(ノД`)
 
 
1年半、戦い続けるわたしw

 

 

そこは世間ではストレスの巣窟と

言われる某金融系コールセンター

 
 
なのに、のんびり、マッタリ。
程よい緊張感。
 
 
それが、じぶんも周りも、どんどんすさんでいく。
 
 
 
菩薩のような上司の異動。
すさみっぷりはさらに加速。
 
 
 
いろいろ、もうムリ。
 
 
 
そう思いはじめたころ、所属部署の移転決定。
 
 
 
係解散 キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
 
 
 
ある意味、強制終了
 
 
やっと解放される!!
 
 
それを機に辞めると、上司に伝えたわたし。
 
引き止められる(T▽︎T)
 
 
なぜ…?
 
辞めたいんです。
 
 
だから、なぜ…?
 
えっと......
 
意を決して答える。
 
 
寒いんですっ、、
 
訴えながらも、我ながらなんて理由だと思うわたし。
 
 
そんな理由で……と呆れる人事。
 
 
だって、寒いのいやっ(´; ω ;`)
 
このビル、キライっと全力でゴネる。
 
 
 
異動先を見つけなければ、会社都合での退職。
 
それは人事的に困るらしい。
 
人事の上層部が出てきて大騒ぎ。
 
 
 
アレよアレよと言う間に、別のビルに異動決定。
 
 
 
異動は1月。
 
 
 
関東三大厄除け大師のひとつへ初詣。
 
 
毎年そこで熊手付きのお札を買うわたし。
 
 
例年どおり、お話。お経。
 
そして、護摩壇に上がり、おさんの
目の前でお札を護摩の火にあてる。 
 
 
その瞬間、熊手が飛んだ。
すり抜けたとか、落ちたではなかった。
 
 
自らの意思で、護摩壇の火の中に
飛びこんでいった、ように見えた
 
 
さん、チラッと見てた。
でも、なんの反応もない(´; ω ;`)
 
よくあること……なの?
 
 
あまりのタイミングの良さにぽかんとするわたし。
 
 
もしかしたら、熊手さんが冷え切った体を温めるために、、、
 
熊手さんありがとう。
そう、手を合わせてみたり。
 
 
 
 
その後、わたしの元には、その一角に配置される
部署がないと風の便りに......(ФωФ)
 
 
 
それは、まだ、じぶんの中のなにかなんて、
考えたこともなかったころのこと、、
 
 
 
気温10度と聞くと、1年半、冬の中を過ごしたことを思い出すわたしです。
 
 
 
 
 
今日も、お読みいただきありがとうございましたm(_ _)m