聴き屋のつぶろぐ

~個性を味方に・じぶんと仲なおりしてもっとじぶんを好きになる~

母の介護度があがりまして

先日、母が入所している施設から

介護計画書が届き(毎月同意が必要)

要介護4→要介護5に

アップしたことを知らされ

 

 

・・・

 

 

光を僅かに感知するだけになった視力

(シルエットでわたしたち姉妹の判別はつくらしいが)

 

脳梗塞の後遺症で寝たきり状態

(動くためのリハビリをサボった結果)

 

 

手足の硬直も進み

うつ

認知症

食事の介助必須

食欲低下

 

 

そりゃそうだ......

 

と、つい口から出る

 

 

 

面会に行くと困り顔の職員の方から

言いにくそうに

 

こんなわがままが出てきました、、、

 

と、聞かされることも多くなっていた

 

 

ですよね~~~

それ、家にいるときと一緒......

 

と、内心

 

 

じぶんの周りでも

親の介護についての不安を

よく聴くようになってきて感じるのは

 

 

こどもをじぶんの所有物だと思っている親の

 

実のムスメ

実のムスコ

 

に対してのわがままはえぐい

 

 

ときに、歳をとり弱ってきた時のそれは

元気だったときからは想像できないほど

えぐかったりする

 

 

こどもは、わかっていてもマヒしてきてるから

気づいてないことにしてたりするし←これじぶんw

 

 

本当に、ただただ疲弊するだけ 

 

 

だからこそ

ひとりで背負うことなんてしなくていい

 

捨てたくなったら

誰かに託してしまっていい

 

それを責める必要もない

 

 

もし、じぶんのパートナーが

兄弟が、姉妹が、友人が

親の介護で苦しんでいるのを見て

じぶんに出来ることばあればと思っているならば

 

 

その本人が「親を捨てる」と決断するまでは

できれば、そっと見守り

寄り添ってあげて欲しい

 

 

決断したあとは

黙って力を貸してあげて欲しい

 

 

本人が決断しないことには本当に

どうもならん部分がある・・・と

わたしは感じております(経験者談)

 

 

 

そして・・・ 

 

 

見守ることが出来なくても

力を貸すことなんてしたくなくてもかまわない

だって・・・

そんなじぶんを充分に責めてきているはずだから

 

 

と、ねこむすめは思うのです

 

 

 

願いが叶う(かも)な

萌えを生きる・じぶんしごと&いきかた塾

『萌えコン塾』

【萌えコンLIFEゴリヤクセミナー】

はじまりました~~~♪

 

次は12/24 クリスマス・イブ

東京品川(10:30~14:00)

 

 

 

chiku-kun.com

うっかりポチッて紹介者欄に

”みっちゃま”と書いていただけたら

ねこむすめのゴリヤクおすそ分けありまーす^^

 

 

じぶんと仲直りして

 

もっとじぶんを好きになる

 

~じぶんの原石を見つける

【ジェムストーン・セッション】

 

60分モニター価格5000円 (10名さまのみ)

※10名さまに達した時点で(残6名)

10000円とさせていただきます

 

セッションにはzoomという

web会議場を使用します 

クービック予約システムから予約する

f:id:javucoff:20171218120615j:plain