聴き屋のつぶろぐ

~個性を味方に・じぶんと仲なおりしてもっとじぶんを好きになる~

ないものねだり

先月の中旬

母親の様子を見に行った日

 

その日は、わたしの誕生日の前の日

 

一ヶ月半ぶり

起きている姿は何ヶ月ぶりだっただろう

 

 

いっしょにいる次姉を確認

 

 

そして

 

◯◯ちゃん(長女のなまえ)はどうした?

 

 

長女は20年以上前に他界している

 

 

母親の口から出てくるのは

長女のなまえ

そして...姉の息子のなまえ

 

 

この日、わたしのなまえを呼ぶことはなかった

 

 

だいぶ進んだ認知症

 

 

わたしの存在を忘れたのではない

 

 

もう帰れば・・・  

 

わたしが横にいることに気づいたときの母親のことば

 

 

最初から母親の中に

わたしの存在はなかった

 

 

気づいていた

でも、気づかないようにしていた 

 

  

子どものころの問題行動

 

 

そして、病気の家族に囲まれて

 

 

ものわかりの良い

都合の良い

いい子ちゃんへと

 

 

いつしか、つきものが落ちたように

変わったじぶん

 

 

 

わたし自身に気づいてもらえることを期待して

 

 

ないものねだりをしてきたことに気づいた瞬間

 

f:id:javucoff:20181025222924j:plain