読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日がいちばん♪

ねこむすめの毒親ばなれ日記

覚悟を決めたとき

覚悟をきめたとき

 「今」のじぶんを語る上で、

やじるし屋のまみさん(現在、軽く冬眠中…)

とのご縁は外せないものとなりました。

 

 

 

 

わたしがじぶんと向き合うようになったのは

脳梗塞で倒れた母親に不安だと頼まれて

寝室を共にするようになってから。

 

 

落ち着いたら自室に戻るつもりでいたわたし。

 

 

が、ある日仕事から帰宅すると母親の寝室に

じぶんのベッドがある・・・

 

笑顔で「お姉ちゃんたちに持ってきてもらったの〜〜♪」とのたまう母親。

 

いや、強引に持ってこさせたんですよね……?

 

 

何を言ってもムダ、、、

 

 

 

ボー然としながら、最後の「その時」まで

逃れるのはあきらめようと決めたわたし。

 

 

でも……

 

 

 

いっしょの部屋に寝る。

 


それだけのことがナゼか苦痛で仕方ない。

 

 

 

どんどん眠れずに心も体も壊れていく。

何も考えられず、力尽きたかのように仕事を辞めた。

 

 

 

それまで

ライブさえあれば〜♡♡♡」

と、どこかお気楽だったわたしがそれすらも

たのしいと思うことが出来なくなりそうな恐怖感。

 

 

寝室を元に戻そうとすると拗ねて

泣きそうになる母親。

 

 

母親に対して、どんどん優しくなくなるわたし。

 

 

離れるのがお互いのため。

 

 

そう思うのに出来ないじぶん。

じぶんを責めるの負のスパイラル。。

 

 

ある日、立ち寄った本屋さんで「毒親」という文字が目にとまる。

 

 

そのときから直視することから逃げていた、

じぶんと母親の関係を掘り下げていくことに。

 

 

カウンセリングや

毒親育ちのお話会などに参加してみたり。

 

 

AC専門のセラピストさんの下を訪ね、多少の効果はあるものの…

 

 

 

 

それでも

 

 

「寝室を分ける」

 

 

たったそれだけのことが出来ない。

 

 

 

じぶんをどんなきもちに保てばよいのかと

ネットで介護関係のブログなどを読みあさる日々。

 

 

 

もがけばもがくほど動かなくなる体。

 

 

このまま命を持っていかれるかもしれない。

 

 

まあ、それもしかたないかな…

そんな、あきらめもどこかに。

(ここまで追い込まれた理由を知ることになるのはまだ先のこと…)

 

 

もうムリかも……

 

 

 

が、しかし、

私には大事な(ФωФ)さま お世話がある。

 

(ФωФ)さまを置いていくことだけは、、、(´; ω ;`)

 

 

 困った……

 

 

 

そうして、ずっと「遠い」を理由に躊躇っていた、やじるし屋さんに会いにいく覚悟を決めたのでした。

 

 

 

それが、じぶんの「能力」と

向き合うことにつながるとも知らずに…

 

 

                                     長くなったので続きます、、